So-net無料ブログ作成
検索選択

B’zの音楽と松本孝弘の音楽 [B'z]

B’zの音楽と松本孝弘の音楽、この2つの違いについて考えてみた。

まず「B’z」は、それを聴く事によって勇気づけられたり、癒されたり、
モチベーションをあげられたりする、いわゆる音楽自体が自己啓発本的な
”ツール”としての機能訴求性が強い。

一方「松本孝弘」は、インテリを感じ、高級感に浸り、聴く事自体がお洒落である、
他人とはちょっと違った音楽を聴いている自分が好き、
と言った気にさせてくれるような感性に訴える感性訴求性が強い。

どちらが良い悪いと言う訳ではなく、
自分が音楽に求めるものが、機能としての音楽から感性に訴えてくれる
音楽を求めつつある事に気づいた。

B’zとしての音楽でも確かにカッコいい楽曲や稲葉さんのシャウトで
感性を震わせられる事は多々あるが、このレベルのメジャーアーティスト
になってしまうと、B’zを聴いている=カッコいいとはならない。
あくまでも私にとって、と言う事ですが。

しかし不思議な事で、松本さんの曲を聴いていると、
知名度は抜群なのに、なぜかクラシックを聴いているような、
それを聴く事でちょっとインテリになった気分にさせてくれる。

これは例えば衣類で言えば、ユニクロの衣服は寒い日でも
一枚で暖かいとか、さらっと肌に馴染むといった機能性重視だが、
プラダ洋服は必ずしも着易くはないが、着る事で自然と背筋が
ピッとなるように感性に直接訴える要素が強いといった感じに
似ているのかもしれない。

そんな事を考えながら今日もこれを聴いています。


Strings Of My Soul(初回限定盤)(DVD付)

Strings Of My Soul(初回限定盤)(DVD付)




nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

M72

その感じ、わかるなー!

私の場合ゎ
B'z:ヘッドフォンつけて街で歩きながら
松本孝弘:ソファーでスピーカーにセットして
って感じです(*´ー`*)
by M72 (2013-04-02 21:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。